渋谷で、放射能と生きていく。

何が基準か知らねぇが、少ない方がいいに決まってる。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【去年の話】①区長からのお返事

渋谷区ホームページ
「区長への手紙」コーナーから
区長にお手紙をお送りしておりまして。

「なかなかお返事来ないの~」なんて話を
年末の日記に書いたのですが
「白ヤギさんたら読まずに食べた?」ご参照)

お返事が届きました。

経緯を振り返っておきますと

------------------------------

11/24
「区長への手紙」より
以下のメール送信

タイトル「学校給食における内部被ばく対策について」

「区議会だより」を拝見しました。
「子どもたちを放射線被爆から守るための請願」が採択されたとのこと、大変うれしく思っております。

定例会の終了から約1カ月がたちますが、請願採択を受けて、実際どのような具体策が取られるのか、特に学校や保育園の給食における対策を教えていただければと思います。

国や都、企業が動くのを待つのではなく
渋谷区独自の対策をぜひお願いしたいと思っております。
ご回答よろしくお願いいたします。


12/6
同じ内容を再送。
その日のうちに、広報課広報広聴係広聴担当の方からお返事。
「通常2~3週間、質問によっては1カ月ほど時間がかかるのでもう少し待て。」

それに対して、おやじより以下のお返事

ご連絡ありがとうございます。

まずは
ひと月という回答期間が許されるという意識をお改めになるべきだと思います。
(公務員以外のご友人に、どのように処理しているかお尋ねになったらいかがですか)

こんなに時間がかかりますと
質問した時と、お返事をいただいた時とで
状況が変わってしまいます。

お返事をいただける際には、
その後の出来事(例えば、昨日の明治の粉ミルクからセシウムが報告された件)等も考慮に入れていただいた上で
お答えが何日付のものなのかを明記していただき
お送りくださいませ。

お返事はお待ちしております。


12/27(かな?)
12/26付の返事が郵送で届く。
---------------------------------

…こんな感じ。

肝心のお返事の内容ですが。

・給食のサンプル調査を実施している
・専門家による「放射能健康影響検討会」を設置して、検査結果の評価を行っている
・検査結果はホームページ等で公表している
・食材については、東京都も測定を開始したことを踏まえ、さらに情報に注して実施している
・保育園では、生産地の公表と食材の洗浄を徹底するよう指示している。また、保育園で11月から弁当の持参が可能になった。
・学校では、食材の産地を公表している。6月と9月に続き、12月にも食材のサンプル調査を実施し、今後も定期的に実施する予定。


…ということです。

それは知ってるっつーの。
その次に何すんだって聞いてんの。


まぁ、いわゆる「ゼロ回答」ってやつですよね。

12/26付で、渋谷区ホームページの
「放射線量測定結果」が更新されてるので
そのタイミングでお返事くださったんでしょう。

確かにね
給食も測ってますけど
3か月に1回、保育園と学校と3つずつ。

相変わらず検出限界20bq/kgだし。
牛乳測ってないし。

鈍い。鈍すぎる。

きっと、時が過ぎて
半減していくのを待ってるんだろうなぁ、渋谷区の職員と区長と議員。
誰か見かけたらメンチきっちゃうかも。


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

おやじはは

Author:おやじはは
渋谷のはじっこ在住、3児あり。
測定はHORIBA Radi(PA-1000)。
こっそりtwitterもやってます。おやじを探してね♡

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。