渋谷で、放射能と生きていく。

何が基準か知らねぇが、少ない方がいいに決まってる。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被曝と外遊び。

自主保育では
「外遊び」を大切にしているところが多いです。

だからこそ、放射能の問題は身近で
影響も大きい。
それを理由にやめた人もいるし
参加をあきらめた人もきっといるだろうと思います。

我が家は
「続ける」という道を選びました。

最初は正直
放射能の影響がどのくらいなのかわかってなかった。
わからないまま続けてました。

少し勉強してからは
「東京のこの場所だったら、食べ物などに気をつければ外遊びを続けても影響は少ないだろう」
という見込みで
そっちに賭けました。

#勉強してからわかったのは
#事故直後のヨウ素のアタックをきちんと避けてあげればよかったということ…。
#それが悔しい…。

…というのもですね。
自主保育をしている人の「外遊び」と
してない人の「外遊び」と
ぜーんぜん意味が違うと思うんですよ。
少なくとも私は違う。

外で遊ぶと被曝するんだから中で遊べばいいじゃん
だっておんなじじゃん?遊びだもんって

ちがーうっ!

私にとって
子どもが外で遊ぶっていうことは
自然の中で遊ぶっていうことは
もうそれ自体「生きる」ってことなんです、大げさに言えば。

閉じた空間で与えられる指示
与えられたおもちゃ
決められた反応をするゲームではなく

常に移りゆく風と太陽と季節を感じながら
自分の思うようにならない雨や暑さ寒さを感じながら
遊び方の決まっていない枝や土や葉っぱと
自分のやりたい遊びを創り出す

そうやって子どもは生きて
育っていくんだと思うです
自分の子どもには
そうやって育ってほしかった。

そして、それを一緒に見守っている
一緒に子どもを育てていく仲間たち。
それも尊くてありがたくて
それなしで子どもを育てるってことが考えられなかった。

だから、外遊びすればよけいな被曝をするということが分かっていても
自主保育を続けることを選びました。
その価値がすんごくすんごく大きかったから、大丈夫な方に賭けた。
(これ、もし負けたら子どもには謝るしかないんだけど…)

子どもには普通に遊んでほしかったから
あまりうるさく注意はしなかったけど
大人ができることはやろう!と思って被曝対策しました。
以下、覚えているものを書いておきます。

【自主保育活動中の対策】(メンバーと話して少しずつ決定)
・行事などで食べるものに関しては、その都度メンバーに確認して、みんなが納得できるものを選ぶ。
・土が口に入らないようにする(原発事故までは正直ぜーんぜん気にしてなかった!)
・手洗いを大人が確認する
・外では帽子をかぶって髪の毛を保護。
・自然になっている木の実(いちごなど)を子どもに勧めない(子どもが自分から少し食べるのはしょうがない)。大量に採っているときなどはさりげなく止めさせる。(これはかなしかったな…)
・ケガをしたら、小さい傷でも洗って絆創膏で保護する(キズからの被曝を避けるため)

私が線量計を買ってからは、子どもが良く行く場所を測って確認。
あと、道の端っこにたまってる土とかは自主的に除染!

【家での対策】
・家に着いたら、玄関で服を脱いですぐ洗面所→うがい・手洗い→フロ!そのあとでおやつ♡
・事故の後しばらくは、外で着た服はぜーんぶ洗濯(これきつかった…)。
・食べ物は無理のない範囲で産地などに気をつける。
・何よりも健康的な生活を心がける(早寝早起き・おやつ少なめご飯パクパク・よく笑いよく寝る!)

まぁ、家でする方は当たり前のことだけどね~

幸い、いつも行く公園は手入れがよく
線量も下がっていて
ホットスポットも見つかりません。
これはラッキーだったなぁ。

地域によって、自主保育参加するかどうか迷う人も
まだまだいると思う。
自分にとって大切なものと
放射能や他の危険の怖さとを
しっかり見極めて、自分で決めれば
やってもやらなくても後悔はないと思います。

私も、自主保育での幸せな日々が
後悔に変わらないように
もう少し被曝対策続けて行きますわ~






Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

おやじはは

Author:おやじはは
渋谷のはじっこ在住、3児あり。
測定はHORIBA Radi(PA-1000)。
こっそりtwitterもやってます。おやじを探してね♡

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。