渋谷で、放射能と生きていく。

何が基準か知らねぇが、少ない方がいいに決まってる。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後。

その後、余震が続いて
原発事故の様子も少しずつ報道されて
我々の会は電車通勤組が多かったこともあって
その年の活動はお休みになりました。

なったんだけど

卒会式をどうするか?で
すごくすごく悩んだのを覚えています。

その年のたったひとりの卒会生
ひとりでがんばってきた
その子のためだけに、みんなで準備してきた卒会式。

何とかしてお祝いしてあげたかった。
お客を呼ぶのは…やめよう
みんなで集まるのは…危険だからやめよう
じゃあ、近くの人がその子の家まで行って、お祝いしてあげるのはどう?などなど
いろいろ考えました。

「正常化バイアス」なんて言葉もあるけど
あの時はただただ、その子を送りだしてあげたかった。

結局、その卒会生の母が
「やめよう」って言ってくれて
卒会式はしないことになりました。
そして、そのご家庭がさっさと西日本に避難してくれたおかげで(笑)
私もふっきれて子どもを西へ避難させられました。
(卒会文集を仕上げて、春休みにみんなでその子に渡しにいったりもしたよ)

ほんと、あの時
当事者の家族が「やめよう」って言ってくれなかったら
決断できなかったかもと思う。
自主保育のメンバーは
本当に家族ぐるみの付き合いだし
こういう時に、子どもを思う気持ちが強くて
「危険を避けるため中止にする」という決断がしにくいかもしれないなぁと思います。

でも、それをする勇気も必要。

(まだつづくよ。)


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

おやじはは

Author:おやじはは
渋谷のはじっこ在住、3児あり。
測定はHORIBA Radi(PA-1000)。
こっそりtwitterもやってます。おやじを探してね♡

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。