渋谷で、放射能と生きていく。

何が基準か知らねぇが、少ない方がいいに決まってる。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日。


2年がたちましたね。

昨日は、2年前のことを思い出しながら
祈りながら過ごしました。

諸事情により
今まであまり触れてきませんでしたが
おやじ家は
「自主保育」
なる活動に参加しておりまして。
簡単に言うと、幼稚園や保育園に行かずに
親たちが自主運営でつくっている
「自主幼稚園」のようなものです。
園舎を持たず。野外で活動することが多いんだよねー。

このブログもだんだん書くことがなくなってきましたので(笑)
自主保育に携わる皆さんへのメッセージなど書いて
終わりにしよっかなーと思っております。

あの日も、いつもの公園におりました。

幸い、お迎えの後だったので親子揃ってた。
みんなで行事の打ち合わせをしていたときで
地震に敏感な人が「ゆれた!」って言って
子どもたちを急いで木やフェンスから遠ざけて
芝生の広場の真ん中にみんなでくっついて座った。

ゆれたその瞬間に、ウィルコム以外の携帯はつながらなくなった。

私はなぜかたまたま携帯ラジオを持っていて
ラジオのイヤフォンをしながら子どもたちを見守っていた。
その後も何回もゆれて
大人も子どもも泣いたりして
みんなでアメなめてちょっとほっとしたりした。

近くの駅からは
電車から降ろされた人が続々と公園に集まり始めて
いつもと違う光景に、子どもたちがおびえ始めた。
私は、学校にいる息子1号を迎えに行かなくちゃいけなくて
みんなと別れて、学校に向かった。

駅の前を通ったら
「復旧のめどは立っていません」という放送が流れていて
メンバーに電話して
「電車の人はあきらめた方がいいよ」と伝えた。

#その後、電車の人たちは
#近所のメンバーの家に分散して泊まったそう。

息子1号は校庭で待っていた。
いつもの顔で、私がほっとした。

家に戻ったら
エレベーターが止まっていて
みんなで非常階段を登った。
なぜか息子2号がはしゃいでた。

部屋は…
ダンナの大事なテレビが床に倒れてたくらいで(笑)
大きな被害はなかったけれども

テレビでは同じ津波の映像を何回も流していて
あの中に人がいると思うだけで胸が苦しくなって
すぐに見られなくなってラジオにした。

原発事故のことをいつ知ったのかは覚えていない。

つづきます。


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

おやじはは

Author:おやじはは
渋谷のはじっこ在住、3児あり。
測定はHORIBA Radi(PA-1000)。
こっそりtwitterもやってます。おやじを探してね♡

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。