渋谷で、放射能と生きていく。

何が基準か知らねぇが、少ない方がいいに決まってる。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おやじのミッション・インポッシブル。

わー1か月もたっちゃった
おやじですー。

もうねー腰が痛いのー。

なんだろねー
疲れたか、と思って休んでみても治らないっていう(泣)

一進一退を繰り返して
ちょっとずつちょっとずつ良くなってきました。

いやーね、
年かしら、被曝かしら更年期かしら!


(これひととおり書かないと気が済まない自分がイヤだわ)

そんで
とりあえず水戸の実家に帰省してきました。

父も母もちょっとずつ年老いていくふるさと
今年は母が膝の手術で入院
その間に父が不整脈で倒れたりして

セシウム的にも
普通の老化的にも心配な夏だったのです。

さいわい、母の手術も成功し
父の心臓もまた動き出し
大したことはなかったのですが

ここで作戦開始。

母の居ぬ間に
ベクれてない米・水・牛乳・野菜・日本茶を手配。

だって、いるときだと受け取ってくれないもーん。

お茶箱開けたら、地元産の日本茶がしっかり入ってた
「放射能検査済(Nal)」って、金ぴかのシール貼ってあるやつ。

「こーいうのが一番タチわるいんじゃ!」つって
捨ててやったわい!
(お茶には罪はありません、お茶の神様ごめんなさいしました)

母が退院してからも、スーパーに一緒に行ったりしましたが
難しいね、農業県で食材選ぶのは。
野菜なんかはまだまし、乳製品や卵が難しい(産地が書いてないor地元ばっかり)

そして
戦時中に生まれて
食えないつらさを体験している人たちに
食べ物を選べと言うのは
すごくすごく難しい。

だって、食べられるだけで幸せ!って人だから。
(うちの母なんて、いまだに
流れちゃったうどんを三角コーナーから拾って洗って食べますからね)

白いお米が食べられるなんて幸せ~
卵1つまるごと食べられるなんて幸せ~
そんな人に、
「もらったお米を捨てて、西日本のお米を買いなさい」なんて言っても
そりゃー無理な話。

でもおとーさんおかーさん
塩分や脂肪控えるなら、セシウムも控えてほしいよ。


おやじな娘からのお願い。






Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

おやじはは

Author:おやじはは
渋谷のはじっこ在住、3児あり。
測定はHORIBA Radi(PA-1000)。
こっそりtwitterもやってます。おやじを探してね♡

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。